融資型クラウドファンディングのクラウドクレジットが3周年記念の特設サイトを公開

融資型クラウドファンディングのクラウドクレジットが3周年記念の特設サイトを公開

2014年6月に融資型クラウドファンディングサイト「クラウドクレジット」をスタートした株式会社クラウドクレジット。サービス開始から3周年を記念したインフォグラフィックが公開されました。これまでの歩みとデータが合わせて記載されています。

クラウドクレジットの3年間の歩み

北欧個人向けローンファンド、東欧金融事業者支援ファンド、リトアニア個人向けローンファンドなど海外事業者との提携によって多くのファンドが掲載され、2017年5月までの累計出資総額は28億円、累計ユーザー登録数は5,000人を突破しました。※1

融資型クラウドファンディングのクラウドクレジットが3周年記念の特設サイトを公開
また動画でもこの3年間の流れがまとめられています。

海外に特化した融資型クラウドファンディングサイトはあまりない

日本の融資型クラウドファンディングで、海外の案件があるサイトはあまりありません。またあるとして、海外の不動産案件に特化しており、クラウドクレジットのように個人向けローンや事業性資金の案件は掲載されていません。

これはクラウドクレジットの特徴といえるでしょう。今後さらに海外の事業者との提携が増えて、さまざまな種類の案件に投資できるようになるのではないでしょうか。

まとめ

日本の個人投資家と世界を結ぶ架け橋となりつつあるクラウドクレジット。世界への分散投資を含め、今後の投資機会を増やす一つの融資型クラウドファンディングとして今後の展開に注目です。


参考ページ一覧
※1:海外とつながるソーシャルレンデイング投資 3周年記念特集ページ

融資型クラウドファンディングのクラウドクレジットが3周年記念の特設サイトを公開