IoT製品に特化した+Style(プラススタイル)のクラウドファンディングにかかる手数料が無料へ

IoT製品に特化した+Style(プラススタイル)のクラウドファンディングにかかる手数料が無料へ

2016年3月にリリースされた+Style(プラススタイル)。運営会社のソフトバンク株式会社は2017年3月8日より、これまでクラウドファンディングでかかっていた15%の手数料を無料にすることを発表しました。※別途決済手数料はかかります。※1

IoT製品に特化している+Style(プラススタイル)の特徴

+Styleでは、クラウドファンディング以外にも、プランニング、ショッピングという機能があります。

  • プランニング:企業が投稿したアイデアに対して、ユーザーがコメントできる。企業とユーザーが一緒になって商品開発を進めていくことができる
  • ショッピング:一般発売前の製品を、先行価格や特典付きで購入できる。プランニングから生まれた製品も掲載される。

これらにクラウドファンディングも組み合わせることでユーザーの声を反映させた製品を、企画から販売まで一気通貫して市場に出していくことが可能になります。

大手企業も+Style(プラススタイル)を活用

ベンチャー企業に限らず、オリックス株式会社や大和ハウス工業株式会社といった大手企業も+Style(プラススタイル)を活用しています。

まとめ

クラウドファンディングの手数料が無料のサイトは、日本でも数少ないです。IoT製品限定ではありますが、ソフトバンクグループのネットワークを活かして、さらに多くの案件が掲載されることでしょう。

今後この+Style(プラススタイル)から大ヒットする製品などが出てくるかどうか、注目しておきたいですね。


参考ページ一覧
※1:「+Style」、「クラウドファンディング」の手数料を無料に

IoT製品に特化した+Style(プラススタイル)のクラウドファンディングにかかる手数料が無料へ