【日本上陸】アメリカ発の購入型クラウドファンディングKickstarterが9月13日より日本版スタート

【日本上陸】アメリカ発の購入型クラウドファンディングKickstarterが9月13日より日本版スタート

2009年にアメリカでスタートしたKickstarterが2017年9月13日より日本版をスタートさせました。これにより日本からプロジェクトを公開して、世界中の220以上の地域から支援を募ることができるようになります。

日本からプロジェクト公開する際のポイント

【日本上陸】アメリカ発の購入型クラウドファンディングKickstarterが9月13日より日本版スタート
Kickstaterでプロジェクトを公開するには以下のポイントを押さえておきましょう。

  • All or Nothing方式のみ
  • 手数料は9.5%(内訳はKickstater5%、決済手数料4.5%)
  • 支援は現在クレカ決済のみ
  • 海外からの支援を意識するなら文章は英語版も記載

特に海外からの支援を募るといった場合、リターンを海外へ届ける必要があります。これまで合計3,500億円以上の資金を提供しているKickstarter。海外発送や英語サポートなど十分に考慮してリターンを設定することが必要です。

ジャパンカントリーマネージャーの児玉太郎氏

【日本上陸】アメリカ発の購入型クラウドファンディングKickstarterが9月13日より日本版スタート
Kickstarter日本上陸にあたって、ジャパンカントリーマネージャーとして児玉氏が就任しました。また日本オフィスの開設の予定はないとのことです。

1977年生まれ。Yahoo! JAPAN、Facebookを経て、2014年に独立。2015年、アンカースター株式会社を設立、グロースアドバイザーとして、様々な国内企業における新規事業の成長支援、海外企業の日本進出支援、クロスボーダーのパートナーシップ開発支援事業を手掛ける。2017年、Kickstarterジャパンカントリーマネージャーに就任。

Kickstarterで日本から公開されたプロジェクト

9月13日の日本版スタートと合わせて、以下のプロジェクトがKickstarterのブログで紹介されました。

Ukiyo-e Heroes: Boss Fights

【日本上陸】アメリカ発の購入型クラウドファンディングKickstarterが9月13日より日本版スタート
日本伝統の技術である木版画とビデオキャラクターがコラボしたプロジェクト。
プロジェクトページ:Ukiyo-e Heroes: Boss Fights

革新的な電子本「全巻一冊 北斗の拳」

【日本上陸】アメリカ発の購入型クラウドファンディングKickstarterが9月13日より日本版スタート日本語版、英語版をボタン一つで切り替えられる北斗の拳全巻がインストールされている電子本のプロジェクト。
プロジェクトページ:革新的な電子本「全巻一冊 北斗の拳」”Fist of the North Star” Innovative eBook

SPACE EDITOR

【日本上陸】アメリカ発の購入型クラウドファンディングKickstarterが9月13日より日本版スタート国内でも有数の磁器生産地域である、岐阜県多治見市の丸朝製陶所で生産予定のカップ&ソーサーのプロジェクト。
プロジェクトページ:SPACE EDITOR: a customizable and tactical tabletop card game

MARUHI Cup & Saucer

【日本上陸】アメリカ発の購入型クラウドファンディングKickstarterが9月13日より日本版スタート宇宙創造をテーマとした対戦型カードゲームのプロジェクト。
プロジェクトページ:MARUHI Cup & Saucer

まとめ

日本のクラウドファンディングサイトでもKickstarterやindiegogoと提携してプロジェクトを掲載するという形はありましたが、直接掲載することができるようになりました。

英語対応のハードルがありますが、海外だと資金調達の金額の桁が違うので、海外のクラウドファンディングサイトで挑戦するという選択肢が増えることは日本のクラウドファンディング業界によっても良い影響になりそうです。


参考ページ一覧
Kickstarter(キックスターター)日本版サービスを9月13日より正式に提供開始
Kickstarter Is Now Open to Creators in Japan

【日本上陸】アメリカ発の購入型クラウドファンディングKickstarterが9月13日より日本版スタート