CAMPFIREがフレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」をリリース

CAMPFIREがフレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」をリリース

株式会社CAMPFIREが従来の購入型クラウドファンディングとは異なる、フレンドファンディングアプリ「pocla」をリリースしました。またリリースキャンペーンとして、決済手数料・振込手数料が無料となっています。(2017年8月時点)

polcaとは

polcaはフレンドファンディングアプリと名付けられました。フレンドファンディングは、友だち(friend)と資金調達(funding)を合わせた造語で、友人・知人を対象にして支援を募ることができるアプリです。

従来の購入型クラウドファンディングとは異なり、拡散先を限定できることやリターン設定が1つのみなど簡単にプロジェクトを立てることができるようになっています。

出産祝いや誕生日会、個展開催などさまざまなシーンで使えるアプリといえるでしょう。

polcaの特徴

審査なしですぐにプロジェクトができる

購入型クラウドファンディングでは、通常プラットフォーム側の審査を経て、プロジェクトがサイトに掲載されますが、polcaでそういった審査が一切ないのが特徴です。

また設定する項目は、「タイトル・写真・目標金額・おかえし」の4つのみで、誰もが簡単にプロジェクトを始めることができるようになっています。

支援募集期間の設定は必要なく、目標金額を超えた場合や、目標金額を達成しなかった際も、集まった資金を全額受け取ることが可能です。(All-In方式)

一瞬で支援が完了

リターンが最低300円からで、1つしか設定できないことや2タップで支援が完了するため、一瞬でプロジェクトを支援できるといえます。(2タップ支援はクレジットカード登録をしている場合)

限定公開URLで拡散をコントロール

購入型クラウドファンディングは不特定多数の人々に少しでもプロジェクトを認知、支援してもらうために、SNSでの拡散が必須です。しかし、polcaではプロジェクトを立てたあとに、限定公開URLが発行されます。

このURLを知っている人のみがプロジェクトの内容を見ることができるようになっているため、教えたい人だけにURLを送るといった情報のコントロールが可能になっています。


参考ページ一覧

CAMPFIREがフレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」をリリース