歌舞伎役者の市川海老蔵氏が購入型クラウドファンディングMakuakeに出資

歌舞伎役者の市川海老蔵氏が購入型クラウドファンディングMakuakeに出資

2017年10月、歌舞伎役者の市川海老蔵氏が株式会社マクアケに出資したことが発表されました。株式会社マクアケはプロサッカー選手の本田圭佑氏に続き、外部からの資金を入れることになります。(出資金額は不明)

本田圭佑氏のMakuakeに関する出資について詳しく知りたい方はこちら↓
プロサッカー選手の本田圭佑氏が購入型クラウドファンディングMakuakeに出資

市川海老蔵氏がMakuakeに出資する理由

クラウドファンディングを実施したこともある市川海老蔵氏は、今回の出資をキッカケに、さらにクラウドファンディングに関わることになります。

歌舞伎役者というバックグラウンドもあることから、伝統文化に関連したプロジェクトをより一層増やしていく姿勢がForbes Japanのインタビュー記事から感じ取れます。

市川海老蔵が語った「この会社に私財を投じる理由」
10月10日、歌舞伎役者の市川海老蔵がクラウドファンディング企業「マクアケ」への出資を発表した。──あれ? そのニュースはも...

Makuakeが巻き込む人々

Makuakeは全国の金融機関や製造業、飲食業など、さまざまな事業者と提携を進めています。またこうした各業界のトップランナーやインフルエンサーといった人も巻き込むことで、プロジェクトの実行者はもちろん、クラウドファンディングの社会的浸透も目指しているようです。

購入型クラウドファンディングは2011年から数えると、7年目になります。これからよりクラウドファンディングを日本に広めていく使命の一部をMakuakeが担っていくのかもしれません。


参考ページ一覧
市川海老蔵氏による株式会社マクアケへの出資について

歌舞伎役者の市川海老蔵氏が購入型クラウドファンディングMakuakeに出資