グローシップ・パートナーズ、金商法などに準拠するシステム「CrowdShip Funding」をリリース

グローシップ・パートナーズ、金商法などに準拠するシステム「CrowdShip Funding」をリリース

グローシップ・パートナーズ株式会社が、金融商品取引業や貸金業、改正不動産特定共同事業法に準拠するクラウドファンディングプラットフォーム「CrowdShip Funding」をリリースしました。最短3ヵ月で導入することができ、またクラウドファンディング事業の立ち上げをワンストップで支援するとしています。

CrowdShip Fundingの特徴

グローシップ・パートナーズ、金商法などに準拠するシステム「CrowdShip Funding」をリリース
  • 投資家の募集から入出金管理、法定帳票などのフロントエンド業務
  • ファンド運営に必要な分配金計算や貸金管理などのバックエンド業務
  • 当局に求められる運用フローや各種システムドキュメントが標準で付属

また今後の追加する機能として多通貨やビットコイン、AI与信を始めとしたレンディング機能を予定しているとのことです。

コンサルティング

また融資型クラウドファンディングやファンド投資型クラウドファンディングに参入する場合、金融商品取引業や貸金業の免許が必要になります。
これらの免許取得の支援や、必要なオペレーションの設計・導入、マーケティング戦略の策定と実行の支援など幅広く対応しています。


参考ページ一覧

グローシップ・パートナーズ、金商法などに準拠するシステム「CrowdShip Funding」をリリース